こんにちは。
今回のブログは、12月6日(火)に開催したクロスオーバー・ネットワーク主催の第一弾セミナー「運賃設定、未払賃金、事故処理 運送業のお悩みまとめて解決セミナー」のご報告です。

会場は、新橋にある「スター会議室」。
ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

当日、お配りしたレジュメです。

今回は、運送業の経営者様にとって頭の痛い問題である、3テーマに焦点を当て、会計と法務の面から3名の講師陣による講演を行いました。
以下、順を追ってご報告させていただきます。なお、講師の敬称は略させていただきました。

 

河村慎弥(公認会計士・税理士)
「運賃決定の方法と考え方」

 

これまでに公認会計士としてたくさんの運送業の業務改善に携わってこられた河村氏の講演は、業界の特性を踏まえたとてもわかりやすい解説でした。
決算書を用いながら、引き受けに見合う運賃について基礎から具体的に説明されていました。
公認会計士の視点に立った決算書の見方も解説されており、同じ公認会計士の私にとっても新たな学びの多い講演でした。

中野光炎(弁護士)
「未払賃金問題の実際と事例」

現在、経営者の立場から未払賃金問題に取り組んでらっしゃる中野氏の講演は、担当された事件の一つを時系列に沿って、その中での気づきや問題点を弁護士の視点からとても丁寧に解説されていました。
やはり、経験に基づいたお話はおもしろいですね。弁護士の日常を垣間見られる点も興味深かったです。

 

高砂健太郎(弁護士)
「交通事故処理問題の実際と事例」

 

最後は、大阪の人情派弁護士、高砂氏の講演です。依頼主の立場に立って、事故に対してどのように対応すれば良いのかを、事故をおこした場合と事故に遭った場合に分けて説明してもらいました。どのような場合に会社に責任が及ぶのか、判例や事例をもとにわかりやすく解説されていました。個人的には、講演の最後に少しお話しされていた「良い弁護士の選び方」のアドバイスがおもしろかったです。

ご参加いただきました皆さま、ご協力いただいた皆さま、まことにありがとうございました。
これからも、有意義なためになるセミナーを開催していきたいと思っておりますので、どうぞよろしくおねがいいたします。