こんにちは、京都の女性公認会計士・税理士の伊藤弥生です。

 

昨日、情熱~、なんて書きましたが、

実は私、

情熱をもって!!
やる気があれば何でもできる!!

という言葉に昔は抵抗感がありました。

 

情熱があってもお金が続かなかったら商売は成り行かないやん。
やる気があっても販路がなければ売れへんやん。

って。

 

今でも、商売にとってお金を回すことと売れ続ける仕組みを作ることが大事だというのには変わりがありません。

 
ただ、情熱はそれらの原動力になります。

簡単に言えば、情熱は起業という夢を現実のものにする「基礎条件」なんですね。

 

起業で成功する!
このビジネスを世界に広げたい!
好きなことをして生きていきたい!
夢を叶えたい!

 

なりたい姿をイメージして強く願わないことには始まりません

 

その次に、
どうやって売るのか
資金繰りはどうするのか
売れ続けるには何をしたらいいのか
という戦略論が出てくるのです。

 

テレビでスポーツ選手やアーティストが「願いは叶う!」と言うのを聞きますが、半分は当たっているんだと思います。

 

願っているだけでは夢は叶いませんが、
願わないと何も始まらないのです。

 

公認会計士・税理士/伊藤弥生