起業を軌道に乗せるための成功マインド(司法書士・植森春奈)

起業を軌道に乗せるための成功マインド(司法書士・植森春奈)

こんにちは、クロスオーバーネットワークの植森春奈です。

秋風が涼しく心地よい季節となりましたね、いかがおすごしでしょうか。

 

さて、今回のテーマは「起業を軌道に乗せるための成功マインド」ということですが、司法書士として会社の設立手続きに携わってきた経験をもとにお話しさせて頂こうと思います。

 

会社を設立する際、最初にすることは、「定款」の作成です。定款とは会社にとっての憲法のようなものです。

どんな名前をつけ、どんな理念のもとに、どんな仲間とどんな事業をして、何を達成したいか…。定款にはそうした起業家の思いを詰め込むことができます。
司法書士はそれをヒアリングして、定款を作成していくわけなのですが、起業後順調にビジネスを展開される経営者の方は、このようなビジョンが明確で、5年・10年先の未来に会社をどう発展させていきたいかがすっと出てくる方が多いと感じています。

 

また、そういった方は自分の取り扱うサービスや商品の内容を魅力的に語ってくださることも多いです。
もちろん、起業を成功させるためには緻密な資金計画や事業計画に加えて人脈作り等々が必要不可欠なわけですが、事業を始めようと思ったきっかけであったり、そのエンジンとなった強い思い=信念を持ち続けることができる人はきっと紆余曲折を経ながらも成功して行かれるのではないでしょうか。

 

そして、強い信念と同時に大切なのが、良き相談相手を持つことだと思います。
同業の先輩や各種専門家等、迷ったり立ち止まったりしたときに、話を聞いてくれて、率直に、時には耳の痛いアドバイスをくれる相談相手。
そういう相談相手を持ち、その相手の言葉に柔軟に耳を傾けられる人が成功マインドの持ち主ではないかと考えます。

 

司法書士・植森春奈