コロナ禍の起業だからこそ気を付けること(弁理士・竹口美穂)

コロナ禍の起業だからこそ気を付けること(弁理士・竹口美穂)

こんにちは!ブルームマネジメントの竹口美穂(たけぐちみほ)です。

今回は、「コロナ禍の起業だからこそ気を付けること」について、弁理士としてというより、一事業主として感じていることをお話しさせて頂きます!

 

コロナ禍の環境の変化とコロナ禍を乗り越えた後の環境の変化

 

コロナ禍による環境の変化から、今までの事業内容では上手くいかず、業種を変更される事業主様もいらっしゃいます。
例えば、洋服等はあまり売れないため、アパレルを辞めて別の事業にする等です。
コロナ禍前から事業を行っている方は、この様な急な変化に対応せねばならず、本当に大変です。

今、起業される方は、コロナ禍の環境に合わせた事業をされると思います。
コロナ禍の環境に特化したサービスや商品で起業される方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、人類がコロナウィルスを早急に克服し、ワクチンや治療薬が思いの外早く普及すると、また急に環境が変わってしまう可能性があります。

コロナ禍を乗り越えた後、コロナ禍の前の環境に完全に戻るということはないと思います。
例えば、コロナ禍によって、webミーティングの便利さや、直接会わなくても支障がなくコミュニケーションが取れる事柄がある、毎日出勤しなくても仕事に支障がないということに、人々は気づきました。
このため、今後も、webミーティングは頻繁に行われ、毎日出勤を要求しない企業も増えると思います。

一方、コロナ禍では必要であったけれど、必要がなくなる商品やサービスはあるように思います。
人の密を避けるためのものや消毒薬等でしょうか。

 

変化に合わせて気を付けること

 

上述したように、コロナ禍が早急に克服できた場合に、急に環境が変わり、コロナ禍に特化した商品やサービスで必要がなくなるものがあるように思います。
コロナ禍の環境に合わせた起業をされていた場合に、商品・サービスが売れなくなる可能性がありますので、環境が変わった後に、どの様に事業展開をしていくのかを考えておく必要があると思います。

コロナ禍がいつまで続くのか、予想することは大変難しいのですが、コロナ禍に特化した商品やサービスのために過度に投資をしてしまうことがないように、状況に変化を敏感に感じて対応することに気を付ける必要があります。

 

まとめ

弁理士として、「コロナ禍の起業だからこそ気を付けること」が特にありませんので、一事業主として感じていることを記載させて頂きました。急な環境の変化に合わせていかなければならない、シビアな状況ですが、頑張っていきましょう!

弁理士・竹口美穂