第3回・4回目の講義お疲れ様でした! | 日商簿記3級 講習会

 

第3回・4回目の講義お疲れ様でした!

  • 投稿者 : itoh
  • 2018年9月11日 10:00 AM

■ 第3回目の講義お疲れさまでした。 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

第3回目の講義の主要なテーマは以下の通りです。
(1)小切手の処理
(2)約束手形
(3)諸掛り

まずは小切手。
小切手は「誰が作ったか」に着目してください。
他人が作った小切手は、銀行に持ち込めば通貨に替えてもらえるので「現金」として処理。
自分が作った小切手は、小切手を受け取った人が銀行に持ち込めば自分の当座預金口座からお金が引き落とされて支払われるので「当座預金」を使用する。
問題文をしっかりと読んで誰が作ったのかを確認してから仕訳を考えるようにしてください。

次は、手形を学習しました。
手形攻略のキモは「債権」「債務」の関係を意識することにあります。

手形を受け取った人は、後で手形代金をもらえるわけですから、「受取手形」という資産(債権)を計上します。
と、いうことは、必ず手形代金を支払うべき人がいるはずです。
この手形代金を支払うべき人は「支払手形」という負債(債務)を計上することになります。
問題文をしっかり読んで、後でお金を受け取れるのか(もしくは支払うのか)を判断するようにしてください。

まずは約束手形。
これは振出人が支払人になりますので、支払手形で処理します。
一方、名宛人(宛名のところに書かれている、○○殿の部分に入る人・商店ですね)は受取人になりますので、受取手形で処理します。

次に、裏書きです。
裏書きは、「持っている権利を他人に渡すことなのだ」という点が大切です。
従って、裏書時に「受取手形」を減らす処理をしてください。

最後に諸掛りです。諸掛りは当店と先方のどちらが負担するかによって処理が変わってきます。
当店が負担するときは、経費(費用)となります。
なお、仕入諸掛りと売上諸掛りでは諸掛りの処理は変わってきますのでご注意ください。
先方が負担するときは、後ほど立て替えた諸掛りを請求することになりますので、立替金(資産)勘定を使って処理します。

 

■ 第4回目の講義お疲れさまでした。 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

第4回目の講義の主要なテーマは以下の通りです。
(1)商品有高帳
(2)小口現金
(3)当座借越
(4)貸付け・借入れ
(5)手形の割引
(6)商品券

まずは、商品有高帳。
ここは「払出」欄の「単価」がポイントです。決して「売価」は書かないように!商品有高帳では「いくらで買った商品が」払い出されたのかが知りたいのですから「いくらで売れたのか」は不要な情報となります。

次に小口現金は、小口現金出納帳への記入が重要です。
こちらは「内訳欄」が一番大切です。試験ではここに点数がきます。
支払内容が経費のどの勘定に該当するのか判断できるようにしておきましょう。

3つめは当座借越。
ポイントは、「残高を意識する」ことです。
二勘定制では、当座預金残高を超えて当座預金をマイナスすることはできませんし、当座借越(負債の勘定ですね)残高があるときは当座借越勘定がゼロになって始めて当座預金を増やすことができるのだという点を意識しましょう。

貸付け・借入れは、「債権」「債務」の関係を意識しながら丁寧に押さえていくことです。
債権は、「~してもらえる権利」ですから、資産として増えれば借方、減れば貸方に計上します。
債務は、「~しなければいけない義務」ですから、負債として増えれば貸方、減れば借方に計上することになります。
お金を貸した場合は「債権」が発生し、借りた場合は「債務」が発生しますね。

また、借用証書の代わりに手形を使って貸付け・借入れを行ったときは、「貸付金(もしくは手形貸付金)」「借入金(もしくは手形借入金)」で処理します。
間違っても受取手形や支払手形を使わないように!

手形の割引は、3回目の「裏書き」と考え方は同じです。
金融機関に手形債権を買い取ってもらうことが割引なので、受取手形の減少として扱います。

最後の商品券。
商品券は、券面額(商品券に書かれている金額ですね^^)相当の商品を引き渡す義務なので負債になります。
あくまでも商品券を発行している立場で処理を考えるようにしてください。

 

朝晩は涼しくなって急に秋が来たようです。
体調管理をしっかりなさってくださいね。

 

公認会計士・税理士/伊藤弥生